リーダー・経営者

多様化人財対応の専門家 谷口彰です。


先日、日本の管理職の方々とZoomで情報交換をした際、今の緊急課題はなんですか?とお聞きしたら、全員が残業規制と言われていました。

__________

働き方改革で、残業規制となるのは理解する。

しかし、ある日突然、残業は○○時間以上禁止。禁止だからね。頼んだよ!
って言われても、どうすればいいのですか??

管理職の帰宅時間が遅くなるだけですよ・・・

先週は部下が自宅にパソコン持ち帰って仕事して・・それが総務から指摘されて始末書書いたし・・

急ぎで! って部下に仕事を頼んだら、『あと2時間しか残業できませんが、「あれとこれ」どっちをやればいいですか??!』 って逆に言われるし、皆ピリピリ・ギスギスしてますよ・・

__________

残業規制は世の中の流れですから、それに従うことは重要である、とは理解するが、現実問題として、業務の効率化・要員増などの施策なしでは、現場では仕事が溜まっていきます!


誰が、いつ片付ければいいのでしょうか?

リーダー・経営者

多様化人財対応の専門家 谷口彰です。


管理職の方とお会いしていると、多くの方が言われることは・・

____________________________

管理職なのに、「マネージメント」する時間がとれないです。


日々、実務に追われているんです・・・ 


どう工夫しても、部下と話す時間すら、取れないのが実情です・・

____________________

管理職に昇格しても、実務を抱え、部下を抱え、上司からの期待を抱え、立ち往生している管理職の方が多いですね。



それを続けていると、身も心もほころびが出てきます。どうすればよいのでしょうか?



私からのアドバイスは、「今すぐに、実務を全て止めて、マネージメントに徹する、と決めることです」


とお伝えすると、大多数の方から「そんなこと分かっています。出来たらやってますよ!!」とのお答え(お叱り)をいただきます。

リーダー・経営者

 

多様化人財対応の専門家 谷口彰です。

現在私はインドに駐在中ですが、先日地元(デリー近くのグルガオン・)で友人と焼き鳥をつまんでいると、隣り席の20歳台後半?・男性二人組の会話が聞こえてきました。(盗み聞きではなく、若手の声が大きかったので・・聞いてしまいました)

_______________________

まあ、人生なんでこんなものでしょ・・この程度ですよ・・まあ私は特に不満じゃないけど・・

_______________________


という会話が聞こえてきました。



会社指示でインドに来ましたが、今の仕事が自分の希望と異なり、御不満のようです。でも、「こんなもんでしょ」「この程度ですよ」「まあ不満じゃないけど」という言葉を聞いて、私が新入社員で最初の配属のことを思い出しました。



私は製造業に就職しました。希望は本社で北米営業を担当することでした。



北米営業は会社の収益の大半を稼ぎ出しており、花形部門、かつ本社です。もちろん面談では、胸を張って、自分の希望を伝えました。



しかし、実際の配属は、札幌の倉庫でした。
北米ではなく、北の札幌。北米営業ではなく、倉庫作業・・・
一瞬に気持ちが萎えて・・「なんで!?」「これが現実?」「こんなもんでしょ」という言葉が頭を駆け巡ったことを覚えています。



皆さんは「こんなもんでしょ・・」と思ったとき、どう対応しますか?


リーダー・経営者

2019年12月9日 VOL.83

多様化人財対応の専門家 谷口彰です。

転職して新しい職場に来たKさんからのご相談です。(Kさんにはご了解を得てブログで紹介しています)


担当業務はチャレンジングで嬉しいが、部署のメンバーに溶け込めない、馴染めない、そしてちょっと疎外感を感じていて、今後に不安がある、とのご相談がありました。


職場では新人なので、時間が解決する場合が多いですが、中にはずっと溶け込めずに疎外感を感じて、孤立しているのでは? と不安になる場合がありますね。


私は、Kさん自体は、本当はどうしたいのでしょうか? が一番のポイントだと考えました。


リーダー・経営者

2019年12月8日 VOL.82

多様化人財対応の専門家 谷口彰です。



以前、主任研修を開催したときの昼休みに、いただいたご相談とは

______________________________

もっともっと出世したいのですが、なにかアドバイスはありますか?

______________________________


というものでした。



実は同期・先輩を追い越して早く出世したい! という俗に言う出世欲の強い方のように感じました。




ある統計では、出世したくない > 出世したい という中間管理職が多い中で、正直に「私は出征したい」と言ってもらったのが、嬉しかったです。



しかし、出世欲が強いな~と感じた私は、「DOING(実績・やり方)は大切ですが、それ以上にBEING(存在・あり方)が大切です」とお答えしました。



なぜなら、短期的に実績を上げて昇進・昇格しても、人望や他部門からのサポート、特に困った時に同期をはじめ同年代からのサポートなしでは、次の大きな仕事はやり遂げることが困難でです。



そして次の昇進・昇格では認められずに置いてきぼりになる可能性が大だからです。


今日は「もっと出世するにはこの4項目を理解しろ!」という少々高飛車なテーマです。